水漏れ修理の前に|神奈川のトイレリフォーム,給湯器,水漏れ,お風呂など水まわりの事なら住まいの水まわり.com

水漏れ修理の前に

省エネ住宅ポイント 社長ブログ B-plus 工事にあたって ご依頼から工事完了まで 水まわりのトラブル 参考料金

出張見積もりはコチラ

お問い合わせフォーム
GSS登録店 ガス機器設備のスペシャリストの店

水漏れ修理の前に

トイレ詰まり洗面台やキッチンからの水漏れなど、突然の水トラブルを経験したことがある方はいらっしゃるでしょうか。溢れ出て止まらない水道料金は、決して安いものではありませんので、心配したことがある方は多いと思います。
水漏れ修理業者に急いで依頼することが大切ですが、業者が到着する前に止水栓を操作すれば、水を止める応急処置を行える場合があります。

こちらでは、いざという時に迷わず操作できるよう、止水栓の種類や位置について紹介いたします。

止水栓の種類

多くの止水栓は、レバー形や蛇口型になっています。この2つの形状の場合は、時計回りに捻るだけで簡単に水を止めることができます。ただ、中にはマイナスドライバーが必要な止水栓や逆時計回りに捻る止水栓もあります。
トラブルが起きた時に慌てず対処するためには、事前にチェックしておくことが大切です

止水栓の位置

基本的に、トイレやキッチンなど水道がある場所の近くにあります。トイレの場合は後ろの壁沿いにあることが多くなっており、キッチンはシンクの下にある収納場所に、設置されていることが多くなっています。もし見当たらない場合は、水道管を辿れば見つけることができると思います。

家全体の止水栓

止水栓が硬くて回すことができなかったり、どうしても見つけられなかったりした場合は、家全体の止水栓を止めるようにしてください。錆び付いて固まっている止水栓を無理矢理回してしまうと、破損する危険性がありますので注意が必要です。

住宅の止水栓は基本的に水道メーターとセットになっています。マンションの場合は、電気やガスメーターと同じボックスに入っていることが多く、一戸建ての場合は地面に黒い鉄製の蓋が敷地内に設置されています。日常的なトラブルだけでなく、災害時にも知っておくことで早めに対処できますので、こちらも事前にチェックしておくことをおすすめします。

突然のトラブルでパニックになってしまう方もいらっしゃると思いますので、こうした事前確認がとても大切です。ただ、中途半端な知識で水漏れ修理をしてしまうと、トラブルを広げてしまう危険性がありますので、あくまで応急処置に留めておくことようにしてください。

神奈川県横浜市や横須賀市で、水漏れ修理業者をお探しでしたら、是非当社にご連絡ください。水漏れ修理だけでなく、水回りのリフォームも行っています。


PAGETOP
対応エリア [神奈川県]全域 [東京都]町田市

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ 0120-91-3233
メールでのお問い合わせお問い合わせメールフォーム